弁護士西田美樹のコラム

2017.09.16更新

板橋区唯一の女性弁護士西田美樹です。

 

今日は、あなたが専業主婦の場合に、離婚を考えたときの最初の準備についてお話ししますね。

 

それは。

お金です!

離婚すると、夫から生活費は支払われません。

(離婚する前の別居期間中は生活費が出ますが、それはまたの機会に)

 

お子さんがいれば、養育費が支払われる、と思うかもしれません。

しかし、実際に決まる養育費なんて、「これで子ども育てられますか?」というような額です。

しかも、「公正証書」などできちんと手立てを打っておかなければ、支払わなくなることも多いのです。

 

ですから、離婚しようと思ったら、別れた後の生活費をどうするかが一番大事な準備です。

 

できれば、計画的に正社員を目指せるといいですね。

すぐは無理でもいずれは、ということを考えて、簿記や医療事務などの資格を取ることもいいと思います。

 

もちろん、ひとり親になれば、手当や医療費の助成など、公的な援助もあります。

働けない事情がある場合は、生活保護も使えます。

 

とにかく、離婚後どうやって生活していくかのプランを立てましょう。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: あざみ法律事務所

2017.09.16更新

板橋区唯一の女性弁護士西田美樹です。

 

今日は、あなたが専業主婦の場合に、離婚を考えたときの最初の準備についてお話ししますね。

 

それは。

お金です!

離婚すると、夫から生活費は支払われません。

(離婚する前の別居期間中は生活費が出ますが、それはまたの機会に)

 

お子さんがいれば、養育費が支払われる、と思うかもしれません。

しかし、実際に決まる養育費なんて、「これで子ども育てられますか?」というような額です。

しかも、「公正証書」などできちんと手立てを打っておかなければ、支払わなくなることも多いのです。

 

ですから、離婚しようと思ったら、別れた後の生活費をどうするかが一番大事な準備です。

 

できれば、計画的に正社員を目指せるといいですね。

すぐは無理でもいずれは、ということを考えて、簿記や医療事務などの資格を取ることもいいと思います。

 

もちろん、ひとり親になれば、手当や医療費の助成など、公的な援助もあります。

働けない事情がある場合は、生活保護も使えます。

 

とにかく、離婚後どうやって生活していくかのプランを立てましょう。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: あざみ法律事務所

2017.09.13更新

板橋の女性弁護士西田美樹です。

 

これって、弁護士に相談するようなことかな?

自分たちでなんとかできるんじゃないかな?

 

と思って、弁護士への相談をためらっているのは、あなただけじゃありません。

 

でもね。

考えてほしいのです。

体調が悪いとき、あなたはどうしますか?

お医者さんにすぐに行くという人もいるでしょう。

様子を見る。

とにかく寝る。

うんうん。いろいろあるでしょう。

でも、お医者さんに行かずにそういう対応ができるのは、あなたがその体調の悪さを前にも経験し、どうってことなかったという体験があるからだと思うのです。

 

これ、いつもと違う…。

そう思ったらお医者さんに行きますよね。

 

弁護士に相談しようかどうしようかためらっていることって、

たいがいが、あなたが初めて経験しているようなことです。

 

すぐにお医者さんに行くレベルの出来事です。

 

だから、「弁護士に相談するようなことかな?」迷ったらすぐに弁護士に相談してください。

 

 

余談ですが、私は大学時代、大学の診療所に

「風邪引いちゃって」と診察を受けたら、

「風邪という病気はありません。そして、病名を決めるのは医者の仕事です!!」

とこっぴどく叱られました。

私は叱りませんので、ご安心を(たぶん…)

 

 

 

 

 

投稿者: あざみ法律事務所

2017.09.06更新

こんにちは。

板橋区の弁護士西田美樹です。

 

離婚の相談にいらっしゃる方で、「主人が」とおっしゃる方、本当に多いです。

私、結構言葉遣いに厳しいので(笑)、即座に「主人ってどなたですか?」と聞き返します。

 

あなたの夫でしょ?

その人が主人だったら、あなたは何ですか?

メイドさん?奴隷?

 

たかが言葉のことで目くじら立てなくても、と思われるかもしれませんが、

言葉は人間関係を作ります。

 

夫のことを「主人」と呼んでいるようでは、いつまでたっても独立はできません。

 

呼び方を、すぐに変えましょう。

いろいろ呼び方、あるじゃないですか。

 

夫でもいい、旦那でもまだまし。

名前を呼ぶ人もいますし、「あいつ」と呼ぶようになる人もいます。

 

憲法24条

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

 

夫婦は、同等の権利なのです。離婚でも同じです。

まずは、呼び方を対等なものに変えましょう!

 

このブログを書いた弁護士西田美樹に直接会って相談したい方は、こちらをクリックしてください。

 

 

 

投稿者: あざみ法律事務所

お問い合わせはこちら

  • 弁護士 西田美樹 あざみ法律事務所
  • 留守番電話での受付となります 03-6411-4472
  • 24時間受付 面談予約はこちら
  • 弁護士 西田美樹 あざみ法律事務所
  • contact_sp02.png
  • 24時間受付 面談予約はこちら
sp_tel.png

面談予約

当事務所では,原則として留守番電話での受け付けとなっております。お手数をおかけいたしますが、メッセージに折り返しのお電話番号を残してください。メールでのお問い合わせに関しては、土日を除く5営業日以内にご返信いたします。メールでの法律相談は受け付けておりませんが、ご予約などメールでも構いません。折り返しの電話やメールなどの返信がない場合、お手数ですが再度ご連絡ください。