借金問題

よくある借金問題についてのお悩み

  • 「破産」に対し、人生が終わるようなイメージを持っている
  • 弁護士に相談すると、街金から暴力や迷惑行為を受けるのではないか
  • 借金の状態を把握しておらず、何から相談して良いかわからない

借金問題に関して弁護士に相談するメリット

弁護士が付くことで、金融機関とご依頼者との接触は禁じられ、同時に債務の取り立てが止まります。これだけでも、心理的な負担から開放されるのではないでしょうか。さらに、国や法律が認めた救済措置を適用することで、経済的な負担も減免されます。

自己破産に関する相談事例

ご相談内容

借金の返済が苦しく、何のために生きているのかわからなくなってきました。これから、どのようにしていけばよいでしょう。

法律相談でのアドバイス

金融機関に話を通しておきますので、まずは、家計簿を付けてみてください。2から3カ月程度で結構です。中身を精査したうえで、目安として「3年以内」に返済できるのであれば、金融機関と任意の交渉をしてみます。しかし、3年以上かかるのであれば、破産に踏み切りましょう。その方が早く経済的にやり直すことができます。

その後の結果

話し合いのうえ、破産手続きを進めることになりました。なお、99万円までの現金や生活に必要な家財などは、手元に置いておくことができます。デメリットとして考えられるのは、新たな借金やクレジットカードの作成が最低5年から7年以上できなくなること。そして、保険の外交員や警備員といった一部の職業に一時的に就けなくなることです。

弁護士の一言

破産を申立てるだけの費用がない方は、法テラスの費用立替制度を利用できる場合があります。資本主義の世界で生活している以上、経済の失敗に対する救済は「あって当然」です。臆する必要はまったくありません。

任意整理に関する相談事例

ご相談内容

「借金をしっかり返したい」と考えているものの、利息に追われ、元本がなかなか減りません。返済額からすると、当に元本を超えていると思うのですが、どうにかならないでしょうか。

法律相談でのアドバイス

まずは、違法利息による過払い金をチェックしてみましょう。それと同時に、家計簿の作成をお願いします。最終的に残った債務が「3年以内」で返済できそうなら、金融機関に債務減免の交渉を行います。

その後の結果

任意交渉がまとまったほか、ご依頼者のご親戚から援助を得られたこともあり、完済のめどが付くようになりました。

弁護士の一言

家計簿を付けていただく目的は、「無理のない返済プラン」を見極めるためです。「3年なら、無理すればどうにかなる」という発想は、きっぱりと捨てましょう。数多くの失敗が生まれています。その意味でも、負担が大きくのしかかる前の段階で、気軽にお声がけください。

個人再生に関する相談事例

ご相談内容

借金による破産もやむなしと考えていますが、生活基盤である住まいを取られてしまうのが心配です。住宅ローンを抱えている場合、「個人再生」という方法があると聞いたのですが、詳しく教えてください。

法律相談でのアドバイス

住宅ローンの支払い条件はそのままに、その他の一般債務をほぼ2割まで減免する仕組みです。裁判所に手続きを申立て、認めてもらう必要があります。

その後の結果

個人再生プランが認められた結果、一般債務の完済を3年後に達成し、以後は住宅ローンの負担のみとなりました。

弁護士の一言

住宅ローン以外の債務は、個人再生手続きを行ったとしても、部分的に残ります。完全になくなるわけではありません。返済能力によっては、ほかの手段を検討するしかないでしょう。

お問い合わせはこちら

  • 弁護士 西田美樹 あざみ法律事務所
  • 留守番電話での受付となります 03-6411-4472
  • 24時間受付 面談予約はこちら
  • 弁護士 西田美樹 あざみ法律事務所
  • contact_sp02.png
  • 24時間受付 面談予約はこちら
sp_tel.png

面談予約

当事務所では,原則として留守番電話での受け付けとなっております。お手数をおかけいたしますが、メッセージに折り返しのお電話番号を残してください。メールでのお問い合わせに関しては、土日を除く5営業日以内にご返信いたします。メールでの法律相談は受け付けておりませんが、ご予約などメールでも構いません。折り返しの電話やメールなどの返信がない場合、お手数ですが再度ご連絡ください。